向井修二 向井修二
向井修二

大阪美術学校在学中の1959年、第8回具体美術展に出展。以後、解散まで具体美術協会に所属する。向井作品は記号の集積を特徴とし、時には自らの身体をも埋め尽くす。第10回具体展(1961)、具体ピタコテカでの個展(1962)、ジャズ喫茶「チェック」の全館記号化(1966)など、現在まで続くインスタレーションのスタイルを活動初期から確立する。1969年にはすべての平面作品を焼却するハプニングを行うなど、常に時代の風潮とリンクした姿勢が注目されてきた。NYグッゲンハイム美術館具体回顧展(2013)、ヴェネツィア・フォルトゥーニ宮殿(2015)での制作も記憶に新しい。2017年には、NYソーホーにリニューアル・オープンするルイ・ヴィトンソーホー店の内装インスタレーションを担当(ピーター・マリーノ監修)、多方面から注目を浴びる。

IMAGES

MAJOR EXHIBITIONS,COLLECTIONS

The Museum of Modern Art (New York), The Guggenheim Museum(New York), The National Museum of Art (Osaka, Japan), Hyogo Prefectural Museum of Art (Hyogo, Japan), etc.

MAIL MAGAZINE

メールマガジンご登録の方には、キャンペーン情報など、厳選されたお得な情報をお届けします。