チェン・インジー チェン・インジー
チェン・インジー

チェン・インジーは1991年中国広東省佛山市生まれ。2010年、シンガポールのRaffles Design Instituteを卒業し、パリ、ロンドン、香港、上海、北京、シンガポールなど多くの都市で個展を行ってきました。

中国の古典的な水墨画と西洋のグラフィティアートを融合させた作品は、ほとばしるような様々な感情を表現しており、中国独自のグラフィティスタイルを確立しています。 多種多様なメディア、素材、場所を利用することで、アクリルスプレーペイントと墨を融合させ、スプラッターやスプレーの技法をより深く追求しています。作品は視覚的には流麗で、荒々しく、混沌としていますが、現代の風景を解釈するために意図的に配置されており、中国と西洋の統合における微妙な緊張感を強調しています。

彼の作品は、ホノルル現代美術館、WWF香港、キャピタランド・グループ・シンガポールなど、国際的に著名なコレクションの題材にもなり、ラグジュアリーブランドのカルティエ、BMW、ルイ・ヴィトンなどとのコラボレーションも行っています。

IMAGES

MAIL MAGAZINE

メールマガジンご登録の方には、キャンペーン情報など、厳選されたお得な情報をお届けします。